残業代の未払い

残業代の未払いは比較的明確なトラブルで、残業時間の証明と給与明細があれば、その未払い分は明らかになります。残業時間をどのように裏付けるかは、典型的にはタイムカードですが、これは会社が管理しているものであるため、後から遡って確認することが困難です。法的な制度を利用したり、詳細なメモなどで疎明するほかありません。

残業の有無が問題になることもあります。タイムカードからは時間外労働が明白でも、労働実態がない、あるいは残業命令が無いにもかかわらず、勝手に会社に残っていただけ、などと会社側から主張されるケースもあります。そうした場合でも、タイムカードと異なる労働実態を会社が証明できなければ、つまりタイムカード以外に労働実態を示す証拠が無ければ、タイムカードが労働時間であると判断されます。

定額残業代が問題になるケースも増えていますが、定額残業代として残業代が支払われている場合には、その定額残業代分の残業時間を超えた残業があるときには、超えた時間分の残業代の支払いが必要になります。その支払いが無い場合には、定額残業代そのものが否定されることもあります。