自分に問題があると思ってしまう方へ

LINEで送る
Pocket

職場のいじめ・嫌がらせにSTOP!

あなたは決して間違っていません!もう一度自信を取り戻して!!

パワハラに苦しむみなさんに、まず言いたいのは、「あなたは決して間違っていない」ということです。どんな理由があるにしても、あなたの上司、あるいは同僚の行動は行きすぎです。あなたは納得していないはずです。それは、あなた自身に、いじめや嫌がらせに遭わなければならない理由がないからです。あなた自身は全く悪くないのです。もう一度自信を取り戻すことができるはずです。

ただ、「あなたのことが嫌い」ということだけなのです

個人的な感情を仕事に持ち込むなどもってのほかですが、その区別ができない、けじめのできない人がいます。たまたまあなたの上司がそうであっ たのです。部下を管理する立場にある管理職が、その程度のけじめができないようでは、管理職失格、と言うより、それ以前に社会人として失格です。しかし、 現実の問題として、そのような上司や同僚が、あなたの周りにいるのです。そして残念なことに、あなたが苦しんでいるのです。

あなたの苦しみは、全く分かっていません

パワハラをしている上司や同僚は、あなたの気持ちなど、全く分かっていません。あなたに気持ちが、感情があることすら、どこかに忘れてしまっ ています。ただ、自分が怒りたいから、怒鳴りたいから、そして結局、優越感を感じたいから、あなたを傷つけているのです。全く身勝手な理由です。でも、そ の本人すら、そのことに気づいていません。悪いことをしているというような気持ちどころか、あなたをそうして叩くことが教育であり、仕事であり、会社に貢 献していると感じているから、始末が悪いのです。

「さっさと辞めればいい!」「首になるの待つだけだ」

あなたの上司や同僚は、「さっさと辞めればいい!」「首になるの待つだけだ」と、思っているのかもしれません。そして、そのことを会社が、経 営者が、黙認しているのかもしれません。あるいは会社が、経営者が、意図的にそうしているのかもしれません。あなたはまさに四面楚歌の心境でしょう。で も、忘れないで下さい。あなたがこのような立場に置かれ、苦しまなければならない理由が無いのです。それはここまで読んでいただいたあなたには、容易に思 い起こすことができます。こんな理不尽なことが許されていいはずがありません。

あなたは決して間違っていません!

だからもう一度、繰り返します。「あなたは決して間違っていないのです」。ここで諦めてしまっては、本当なら、もっといい職場 環境で、自分の実力を思う存分発揮して、充実した毎日を送ることができるはずのあなたの可能性を摘んでしまうことになってしまいます。だから、勇気を持っ て次のアクションを起こしてください。それがどんなに精神的にきついことか分かっています。でも、その一歩を踏み出すことで、少しずつあなたの自信が取り 戻せることに気づくはずです。

(以上は、ウェブサイト「パワーハラスメント相談室」開設当初トップページに載せていたメッセージです。このメッセージをトップページから外したことには、大きな理由があります。それは、「自分は間違っていない」と確信している方がお読みになると、大きな誤解を招く恐れがあるからです。)

問題解決のためのアドバイスが満載

このサイトでは、あなたが直面するパワハラ問題を解決するための考え方、対処方法などを、余すところなく触れています。これらのヒントを活用して、効果的な解決を図ってください。しかし、やはり具体的なアドバイスが必要、という方は「パワハラ相談窓口」のページから、メールをお送り下さい。メールをお書きになるプロセスで、今あなたが置かれた状況を客観的に把握することができます。まずはメールフォームに必要事項を記載してみることです。記入することで、状況を冷静に見つめることができます。記入が一通り終わった後で、「送信」ボタンを押せば、ここでメールが送信されます。

パワーハラスメントは、本当に苦しいものです。それはあなただけではありません。多くの方があなたと同じ思いを抱いているのです。ここから一緒に問題解決に向けて歩き出しましょう。

いきなりメールフォームに記入することがつらい方は、サブメニュー「あなたの問題は何ですか」から、今あなたの直面する問題について、どのような考え方があるのか、眺めてみてください。

LINEで送る
Pocket