派遣労働者はどこに相談すればいいのか?

LINEで送る
Pocket

就業中の問題については就業場所である派遣先の会社が対応すべきものなので、派遣先のそうした問題の担当者に解決を求めるものです。その派遣先の担当者、派遣法では派遣先に派遣労働に関する責任者を設置すべき義務を課していますが、その責任者が不明確であったり、適切な対応をしないケースがままみられるようです。

とくに職場の上司が責任者でもあるにもかかわらずパワハラの張本人だったりするケースもあります。こうした場合、派遣元の担当者に解決を持ち掛けるほかありませんが、果たして実質的に問題解決につながるような対応が期待出るでしょうか。

もう一つの問題は、こうした問題解決行動が、更新時の妨げになるのではないかというリスクです。もちろんこうした問題解決を働きかけたことをあからさまに理由とされることはまれで、それ以外の適当な理由を挙げてくるでしょう。重要なことは、更新拒否をされる前に、問題の事実関係を明らかにしておくことです。

LINEで送る
Pocket