自覚のない上司、勘違いをする店長

最近頂くご相談の中で、特に気ななるのは、営業所や支店など店長や管理職の言動に悩んでいる、というものです。その内容も、業務上の間違いなどを指摘するというものであれば、会社側に弁解の余地もありそうですが、どうやら感情的に、もっと言えば、やりたい放題、言いたい放題の状況が垣間見えることです。

特にスタッフの少ない規模の小さな店舗などで、初めて店長とか、管理職に任じられたようなケースでは、やる気一杯で、という気持もあるのかとは感じますが、一方で、一国一城の主であり、店舗のスタッフはすべて部下で、そのトップに自分がある、業務上の権限はすべて自分が握っている、という気持ちが、問題を引き起こしているように感じます。

やりたい放題、言いたい放題で、業務はすべて部下に丸投げ、少しでも気に入らないことがあれば激高し、気に入らないスタッフに対しては感情の任せるままにいじめ嫌がらせをする、というのが勘違い店長の典型です。

本来であれば、その責任の大きさとも相まって自分の言動にも慎重にならないければならないところなのですが、問題を起こす上司、店長には、そうした責任感のかけらも見受けられません。会社としては、管理職にするための教育なり、研修などが全く徹底できていないのではないか、と疑いたくなります。

管理職という立場には、部下を指導する役割があり、その指導の内容は、適切に業務運営をするためのものなのですが、勘違い店長は、自分の権威を示すための言動をする傾向があります。こうした勘違い店長には、業務命令権限があるということは、その裏返しで、その命令に対する責任を負っている、ということを理解させる必要があります。

管理職としての教育、指導の期間が不十分であれば、現場での状況をつぶさに把握して、OJTで一人前の管理職に育てることが大切ではないかと思います。親は無くとも子は育つよろしく放任するのは失当で、彼らは子どものまま親になってしまったようなものです。子どもから大人になる成長過程が欠けているのですから、そこを補ってあげることは必要かと思うのです。